2つの「国葬」

英国のエリザベス女王が96歳で亡くなった。静養中の朝、健康状態の懸念が示され、その日の夕方に安らかに息を引き取られたという。 1952年にわずか25歳で王位を継ぎ、今年2月に即位70年を迎えていたという女王は、国民の75 […]

続きを読む
ドラマを観ながら考えたあれこれ…

 新型コロナウィルス感染拡大の初期の頃から、自宅で過ごすことが増え、アメリカのテレビドラマの配信を観るようになった。最近観ているのは「ER〜緊急救命室」。約30年前のドラマだ。今観ても十分面白いのだが、最近のドラマと比べ […]

続きを読む
よみがえった魔女たち?

夏になると思い出す記憶がある。50年も前のことなのでまったく曖昧な光景なのだが、多分なかなかの衝撃だったのだろう。おぼろげな映像がときどきフワッと上がってくる。 母に連れられて訪れたどこかの田舎に大勢の女達が集まっていた […]

続きを読む
まとまらない気持ちを抱えたまま、過ごす夏

 この7月、参院選を前にTVから目を背けてしまっていた。安倍元首相への銃撃事件が起きて、マスメディアが一斉に安倍の「陽」歴史だけ映し始めたから。それは、都合の悪い事を黒塗りし続けてきた政権と、変わらないやり方だよね。   […]

続きを読む
無力感に圧倒されずに…

投票日直前に安倍元首相が銃撃され死亡するという衝撃のニュースの後、やはり…というか、参議院選挙は与党が圧勝するという結果に終わった。 山上容疑者の犯行の動機が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に母親が多額の寄付をしていた […]

続きを読む
「女の証し」という唄

 初めて聞いた時、強い衝撃を受けた唄がある。男性との関係のなかで、悶々とする女性の心情を絶妙に表現する言葉に息を呑んだ。20代後半、私がまだフェミニストカウンセラーではなかった頃のことだ。関西を中心に活動したシンガーソン […]

続きを読む
コロナ禍2回目の書面総会

 大会が終わりました。全面オンラインの大会は2回目です。したがって書面総会も2回目。現在の理事が選任されたのは2021年の書面総会でした。それから1年が過ぎましたが、理事全員が一堂に会したことはまだ一度もありません。ずっ […]

続きを読む
「命があっても幸せに暮らせないと意味がない」

「亡命のウクラニアン 百年の記憶」というタイトルのNHKローカル番組「かんさい熱視線」を視聴した。番組冒頭に在日ウクライナ人が開いたチャリティイベントが紹介された。そこで「なぜウクライナに降伏するという選択肢はないのか」 […]

続きを読む
3年ぶり!!!

原宿駅を降り立ったところから、ディズニーのような「ようこそ!」感があふれ、ハッピーオーラが充満。代々木公園が近づくにつれ、見知った顔が次々に手を振って来る。 これは4月22日から24日の東京プライドパレードです。 3年ぶ […]

続きを読む
お隣さんとの不思議で悪くない時間

3月のとある日、高齢女性が一人で暮らす隣家を訪ねた。お隣さんとは挨拶やたまに短いおしゃべりをするだけのお付き合いだが、「最近お顔を見ないなー」と気になっていた。いつもは玄関ドアにぶら下げるだけの回覧板を、顔を見て直接渡そ […]

続きを読む